\ 2018年買ってよかったもの大賞 /

2018年 買ってよかったもの 大賞

はじめに

 

2018年もいよいよ終わりそうな今日この頃、買ってよかったものをまとめました。

 

御託はほとんどの場合不要かと思われますので、早速紹介記事をどうぞ。

 

2018年買ってよかった家電

ふとん乾燥機(日立 アッとドライ HFK-VH770 N)

  • 夏は除湿
  • 冬は布団を温める
  • 収納すっきり

元はと言えば夏場に除湿によりダニを死滅させるために買ったのですが、冬になったらなったでオフトゥンをほかほかにする機能を重宝して使っています。

 

寝る前にちょっとセットしてボタンを押すだけであっというまにあったかいお布団のできあがりです。

 

あたたかい布団で寝るのってこんなに幸せだったのかと毎晩ぬくもりを感じています。

 

オールインワンパッケージなので、ホースなどすべて箱の中にきれいにしまえます。持ち手が付いてて運び・収納に大変便利です。

 

消臭ハンガー(パナソニック ナノイーX搭載 MS-DH100-K)

created by Rinker
パナソニック(Panasonic)
¥11,000 (2021/12/09 01:27:50時点 Amazon調べ-詳細)
  • 上着をかけてボタンをワンプッシュ
  • どんな臭いもリフレッシュ
  • ファブリーズを買わなくなった

上着をかけてボタンを押すだけ!で翌朝すっきりしています。タバコや焼肉、飲み会やカラオケなどの臭いがなくなります。

 

これを買ってからファブリーズいらず。副次的効果として床がべたべたしなくなりました。

 

水筒ボトル(TIGER 0.48L)

  • 細くて軽い190グラム
  • ワンタッチ開閉!開けるのに両手は要らないです
  • ロック機能付き! 「万が一」を防ぐ
  • 洗いやすい取り外せるパッキン
  • リーズナブル

軽くて開けるのが簡単ですべすべの表面かつ、タイガーのマークがかわいいので重宝しています。毎日使っています。

 

洗うときはスプレー式洗剤を普段使っていて、たまに水垢をとっています。

created by Rinker
キュキュット
¥1,287 (2021/12/09 01:27:52時点 Amazon調べ-詳細)

2018年買ってよかった肌ケア用品

ウーノ クリームパーフェクション

  • 出かける前に塗るだけ
  • 安い

男性って、肌ケアをぜんぜんしない人もいます(個人的観測ですが)。

そんな方にとって(肌ケアをしよう!)と思い立った時に「なにから始めればいいか」は最重要事項です。

 

そこでこれ、「ウーノ クリームパーフェクション」です。

 

なんと朝塗るだけ。たったこれだけで1日の肌の調子がぜんぜん違います。騙されたと思って使ってみてください。千円しないところも試してみやすいポイント。

 

シック ハイドロ シェービングジェル

created by Rinker
ハイドロ
¥438 (2021/12/09 01:27:53時点 Amazon調べ-詳細)
  • 最強のひげそりジェル
  • 剃った後痛くない
  • モジャ男(仮名)のお墨付き

単刀直入に申し上げると、男子にとってひげそりは毎朝の最重要事項のひとつである。

 

ひげそりの出来不出来がその一日を占うといっても過言ではない。

 

ひげもじゃの友人に「最強のひげそりクリームはないか?」と問いただしたところ、こちらをおすすめされた。

ドラッグストアならわりとポピュラーに売っているし、なんだったらアマゾンでポン!だ。

 

ありがとうモジャ男(仮名)くん!

 

無印良品 化粧水(敏感肌用・高保湿タイプ)

  • 高保湿
  • お求めやすい

無印良品週間で買いました。お風呂上がりはこれです。

 

無印良品なら全国どこでもあるので、旅先で忘れてしまっても調達しやすいところがうれしい。

 

無印良品 スウィートアーモンドオイル

  • ヘアオイル
  • 髪が早く乾く(当社比)
  • 髪の栄養補給

お風呂上がりはこれです第2弾。ドライヤーをする前に全体に塗り込みます。

 

油なのでドライヤー時間が短縮されるだろうと思って導入したのですが、美容師さんから「そんな効果あるんですか?」と言われがっかりしたものの「でも最近髪の調子いいですね」とお褒めの言葉を頂いたので続けようと思っている習慣です。

 

ビオレ洗顔料(おうちdeエステ 洗顔ジェル なめらか)

  • ぬって放置→洗い流すだけ
  • ビオレは偉大
これも簡単。湯船につかる前に顔全体にぬって、上がるときに洗い流すだけ。

おどろくほど肌がつるつるになります。ビオレってやっぱりすごいですね。

 

2018年買ってよかった本

ふろむだ『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている』

  • 世界を勘違いさせろ
  • わかりやすく図解

「そうでもないように見えるのになぜか優遇されている人」っているじゃないですか。どうしてそんな状況になるのか疑問を抱いていたところ、この本にめぐり逢いました。

 

イラストもたとえ話も多いのでとてもためになる話を面白く読めました。

 

がんばって世界を勘違いさせようっと。

 

内田樹『街場の憂国論』

  • 大人気街場シリーズ
  • 日本の政治がわかる
  • 国際関係がわかる
  • 平易な文体

日本をめぐる状況についてクリティカルな視点でフレンドリーというか、高圧的でないというか、条理を尽くして語られています。

 

「これを言っちゃあおしめえだよ」なんですけど、私は内田樹氏のファンなのでわりとなんでも(買ってよかった)と思っています。

 

荒木飛呂彦『スティール・ボール・ラン(ジョジョ第七部)』

  • ジョジョ入門編としておすすめ
  • アメリカ大統領もでてくるよ
  • 馬で北米大陸をレースする

ジョジョの中ではいちばん7部が好きです。アメリカという大舞台を縦断するというところにロマンを感じるからでしょうか。

 

ちなみにジョジョシリーズの7番目なんですけど、いちばん最初に読んでも大丈夫です。

 

寺沢武一『コブラ』

  • サイコガンは心で撃つ
  • ヒューッ!
  • 不死身の男

コブラのアニメを観たオタクの友人から熱心に勧められたのでマンガを読みました。

 

左腕が銃の男が不死身に数々のミッションをクールというかニヒルにこなしていくのでぐいぐい読みました。

 

一冊読み終えるごとに「ヒューッ!」とため息をついていました。

 

唐木元『新しい文章力の教室』

  • ナタリー式文章術
  • 文章力の基本

私の文章は我流ですけれど、ときおり文章に関する本を読むことにしていて、今年よかった本はこれです。

 

Twitterをしているとしばしばナタリーの情報に触れることがあって、どうやって記事の質を担保しているのか不思議に思っていたところこの本を読んで疑問が氷解しました。

 

おわりに

 

2018年買ってよかったものは以上になります。

 

余談ですが、個人的に2018年の漢字は「」でした。いままで発見されていなかったアレルギーがぞくぞくと突き止められたからです。

 

  • りんご
  • もも
  • なし
  • さくらんぼ(チェリー)
  • パイナップル

 

「わからなかったことがわかるようになった」という視点ならば、上記は「買ってよかったもの」ですが、身体へのダメージは計り知れないものであるため、たぶん二度と進んでは買わないでしょう。

 

みなさんも年末年始は普段食べないようなものを口にする機会があるかと思いますので、アレルギーにはお気をつけて良いお年をお過ごしください。